採用担当者からのメッセージRECRUITER’S MESSAGE

応募を考えているみなさんへ

 

M・R・Sが目指すのは、お客様に美味しい料理、感動して頂けるサービスの提供を行い、食事を心から楽しんで頂くということです。私たちの存在する外食産業は、ホスピタリティーあふれる「おもてなし」を体験、体感できる、最も身近な空間なのです。

そのために、私たちM・R・Sは、「美味しくて楽しい」をキーワードとしています。今日のお客様は飲食店に空腹を満たすためだけではなく、「豊かさ」や「楽しさ」を求めてご来店されます。時代の変化やお客様の嗜好、ニーズの変化を敏感に察知し、その変化に迅速に対応し、お客様の求める「美味しくて楽しい」を実現していかなければ生き残れないからです。

そこで私たちが目指すのは、ご来店いただいたすべてのお客様に、本物の味と雰囲気を伝えていくということ。ただ単に「本物志向」というのではなく、代表取締役からのメッセージでも言及しているように、「本場」「現地」の本物を通して、そのレストランやお店で提供される料理の味だけにとどまらず、その本物の持つ「歴史」「風土」「文化」を伝えたいということなのです。またそれが私どもの使命だとも思っています。ですから、定期的に選抜された社員たちが、実際に現地に赴き、目で見て、肌で感じる研修を受け、それをそのままお客様に伝えられるようにしています。

よく「御社が求める人材像は?」と聞かれることがあります。
「考えて行動できる」や「コミュニケーション能力」「積極性」などが求める人材像として挙げられるのではないでしょうか。
もちろん先に挙げた人材像は備わっていた方が良いでしょう。しかしたとえ備わっていなくても、そのことをしっかり認識し、向き合っているか、自分の優れている所、足らない所などの自己認識ができているかが大切だと考えています。

時には失敗することもあるでしょう。失敗することは決して悪いことばかりではありません。そこから何を学んだかが大切なのではないでしょうか。私たちはお店というチームで仕事をしています。仲間同士が補える、協力し合える環境で仕事をしています。むしろ完成された人よりも、能力面、精神面で「成長したい」と思っている方が、私たちの求める人材像です。

自分がどんな人間であり、どんなふうに成長したいと思っているのか、そんなお話をあなたから伺えることを楽しみにしています。

総務・人事グループ長 鳥川秀一